FlexAPI β版 リファレンス

FlexAPI β版 のご利用方法

FlexAPIはFlexCRMデータを操作可能とするAPIです。
各エンドポイントにアクセスする事により、FlexCRMデータの閲覧、登録、更新、削除が可能です。

現在可能な操作は以下になります。

- FlexCrmユーザの閲覧
- 名刺管理メニューの顧客(個人)データの閲覧、登録、更新、削除
- 企業・団体メニューの顧客(法人)データの閲覧、登録、更新、削除
上記以外の操作は、今後の機能拡充にて使用可能となる予定です。

FlexAPIの利用手順は以下の通りです。

  • FlexCRMにログインします。
  • 管理画面より、APIキーを取得します。  (システム設定->開発キットより取得可能)
  • 各APIのエンドポイントに、取得したAPIキーを用いてアクセスし、データ操作を行います。